ワガママでSORRY・1。
2008/05/13
ネタバレ御免・トニでムウしぃパロ☆そんなことをするのは私くらいです☆
元ネタは「いつも笑顔で優しいNクンが、我が儘な演歌の大御所だったら?」という、もしも設定の映像。
演歌の大御所N、そのベテラン付き人をS・新人付き人をIという配役。このあたり絶妙ですv

+

いまどきありえんラメ入りダブルスーツに白エナメルで登場するN。
付き人が正座して迎える楽屋に着くなり「ん」と差し出した足から、靴を片方ずつ脱がせてもらい、
「マッサージ」「おなか空いた」などなど我が儘の数々☆
感謝なくこきつかわれ、仕打ちに我慢できず飛び出すIを、Sが追いかける「お前は先生の事を何も解っちゃいない!」
そう、ふたりを思いやり立派に旅立ち、シングをソングしてもらうためだったのねん、いままで我が儘言ってごめんなのねん(c)大御所口調。
そして、歌いますは「わがままDEソーリー」★

+

そのような、(本人たち曰く)一大スペクタル巨編の、すべて哀しいほど楽しい昭和ノリ(笑)。

なにに萌えたツボったって、ソファにドカッと座り、一言「疲れた」。
「はい!」ふたりがかりでマッサージ、極楽王様気分。
なのに、

S「いかがですか?」
N「べつに」

ム、ムム、ムウしぃでやったら、たまらん!!!が、すべての元凶です(笑)。

ミズさん清純派ビリーバーは、続きは見ない方がベター☆



wagamama01.jpg

wagamama02.jpg
wagamama03.jpg



キャーッ☆とうとうやってしまった!
紫龍、なにしてるの!? ナニしてたんかっ!?
ソファとセリフだけ借りたのに、ムウしぃに任すとエロかったv
このあと、たとえムウ様にだって、一生懸命な紫龍へ「べつに」とは言わせないっ!!!


そして、も1回だけ、5年ぶりのコン記念+広島初日3/16から、やっぱ大阪やろ5/9まで温めてきた、
トニでムウしぃパロする、わがままジュリエットなミズを許してなのねんv