スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日見た間の理由を僕達はまだ知らない。
2011/07/20
連休中、PCをちょろっと借りて、
☆矢の期間限定無料公開のうち、ただいま配信中、白羊宮メインの42話を視聴しました♪
この回を見るのは10年振りくらいかも!

ムウ紫龍の恋人たちの戯れ・吹っ飛ばされシーンは、にやけ方ハンパなかったですが、
アニメ☆矢を見返すことがまずないので、新鮮な発見が♪

今回、注目すべきは、セブンセンシズの講釈後、
金牛宮に向かうブロンズを見送るムウ様の、不思議に長~い「間」です。

2コマ目までは、アニメまんま。
貴鬼たんが話かけても、微動だにせず、視線固定のムウ様。






「間」の理由を検証。









ズーム機能付き!?
ムウ様のeyes、紫龍にロックオーン!!!


そう、「間」の理由は、
紫龍が振り向くのを待っていた、と考えますvvv


そして、皆がいるから言えなかった言葉を、口パクで伝える紫龍。
念を感じて、じゃなく、そうしたかったからそうしたら見られてたの。


ムウ様は紫龍でいっぱいになり、たいへん充足v
足取り軽く、倒れた女神の護衛に行きましたとさ。


ちゃんちゃらっちゃっちゃ~♪


いま無料で見れるので、視聴環境クリアしてる方はご覧ください。
ズーム機能はともかく、「間」は確かにあります!!!


あ。ひょっとして初めて描いた紫龍の初期聖衣は適当ですので、気にせんでください☆


それにしても、TVの趣とはまた違い、
PCの近すぎる距離で画面いっぱいのムウ紫龍を見るのは、
しかもイヤホンを通して塩沢さんと鈴置ボイスを聴くのは、とっても照れました☆

なんにせよ、PCで☆矢が見れるのは良すぎるっ!

またチャンスがあれば、見たい回を狙い打ちして、
アニメのムウ紫龍をこの胸の中に貯蔵しようと思いますvvv
v(・"・)(・-・)v

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。