スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋は、がんじがらめ。
2008/04/16
どっかり騎乗位に気づかず真剣に怒る紫龍と、それが可笑しくて可愛くて仕方がないムウ様目線が味わえるイラストv

on_top.jpg

痴話ゲンカはひつじも喰わない~ひつじがやってきた・後日譚~
 

「だから、いくらもこもこちゃんでもっ...!って、ムウ、なんで笑うんだ!?」
「いえいえ、気にせず続けてください...クスクスッv」
「俺は怒ってるの!真剣に!」
「ええ、ちゃんと分かってますよ。ただ、怒られるにはふさわしくない、眺めの良い場所だなぁと思って」
「???---ここは居間だろ、普通じゃないか!!!」
「紫龍、あなたっ、(大笑い)!!!」

+

ムウ様、爆笑!
天然ちゃん紫龍のやることなすこと、常にムウ様のツボ!おかげで腹筋が鍛えられます!
前夜の愛の営みのうち、1回は騎乗位で交わったのに、どうして気づかないのか?それが可笑しくて可愛くて、たまらんらしいv

ムウしぃはね、らぶらぶすぎて、しょっちゅうケンカしてるイメージ。
お互い相手に対して全開なもんで、そりゃもう大切な大切なコミュニケーションvそしてトレーニング(笑)???
些細なことでウリャーってなる紫龍相手に、もちろん精神的ノーダメージな痴話ゲンカvvv
本気なケンカは...命取るか取られるかまで発展するので、滅多にやんない(笑)☆

さてさて紫龍、自分の体勢の意味に気づくまで、あとどれくらい???
つづく!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。